見出し画像

健康経営の最前線 ~地方から考える「健康経営」のこれから~


近年、その重要性が注目される「健康経営」。
皆さんの会社に、生き生きと健康的に働いている社員は、どれくらいいるでしょうか。
健康経営とは、社員の健康を経営的な視点で考え、戦略的に実践・投資していくことで、
経営面でも成果が得られる、という考えに基づいた経営手法です。

しかし、「実際に何から手をつけたらいいかわからない」「取り組んでいるものの、経営的な成果が見えにくい」という悩みを持つ経営者の方も少なくありません。
そこで、トータルヘルスケアカンパニーとして企業の健康経営のサポートに取り組む大塚製薬とハフポスト日本版がタッグを組み、健康経営の最前線に迫るウェビナーを2回にわたって配信します。

第1回テーマ:健康経営の最前線〜地方から考える「健康経営」のこれから〜
出演者
・石川善樹 さん(公益財団法人Wellbeing for Planet Earth代表理事)
・大塚万紀子 さん(株式会社ワーク・ライフバランス取締役)
・中村かさねさん(ハフポスト日本版プロデューサー)
・川田力愛 さん(大塚製薬株式会社ニュートラシューティカルズ事業部ソーシャルヘルス・リレーション部)

<内容>
・地方の中小企業が健康経営に取り組む意義とは?
・地方から考える健康経営のこれから
1、「休み方」改革
2、「三方良し」の健康経営
・大塚製薬の健康経営サポートサービスについて

【このような方に特におすすめ】
・経営者やHR部門で働くビジネスパーソン
・健康経営優良法人認定を目指している企業の方
・中小企業の企業価値向上に関心のある方
・健康経営について疑問や悩みを抱えている方

社員ひとりひとりが生き生きと働ける、健康的でウェルビーイングな組織をどう実現すべきか、考えるきっかけになれば幸いです。



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!